オンラインカジノのプレイ、法律的に大丈夫?

オンラインカジノは法律的に大丈夫?

オンラインカジノをプレイしても逮捕されないか、不安・・・

前述しました通り、日本では賭博行為は禁止されています。
そこで気になるのが、「オンラインカジノは違法なのか」ということです。
「宝くじ」「競輪」「競馬」「競艇」「オートレース」などは
「公営ギャンブル」として行政の許可があります。
パチンコは、「三点交換」という法律の網をかいくぐった
限りなくグレーに近い仕組みで成り立っています。
このように、日本では行政から許可を得た物でなければ
堂々とお金を賭けて楽しむことは許されません。

100%海外の業者

日本の賭博に関する法律の代表的なものとして、以下の刑法があります。

(賭博)
第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条  常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、
三月以上五年以下の懲役に処する。

出典 http://law.e-gov.go.jp

要は、
185条・・・賭博をしてはいけません
186条・・・賭博の場を設けてはいけません
ということです。

オンラインカジノの業者は法的にギャンブルが認められている国ばかりで、
オンライン上の事はそのサーバーが設置されている国の法律に沿って判断されます。
「オンライン」と見るから少し難しく考えがちですが、
日本人がアメリカやマカオ等に海外旅行に行ってカジノを
楽しんでいることと変わらない
のです。

日本を出国すれば上記の規定は適用されないと、刑法2~3条に記されています。

賭博店に注意

オンラインカジノの悪徳業者に注意

色んな世界に悪者がいるように、オンラインカジノの中にも
悪質な業者が数多く存在します。
店舗を構えて客に海外のオンラインカジノへアクセスさせる、
賭博店を営む業者はそのうちの1つです。
サーバーが海外なら日本の法律には引っかからない!と述べましたが、
清算が国内で成立していれば刑法第186条の賭博開帳にあたり、
違法となります。

現に、これらの賭博店の摘発事例が跡を絶ちません。
現在の日本の法律では店で賭博をしたのならば店と客の
両方が罰せられるのが原則ですので、賭博店が摘発されると客も
処罰の対象となってしまうのは仕方ありません。

しかし、利用者が店を介せず個人的に海外のサイトで楽しむこと自体は
現時点できちんとした法律が定まっていないので、合法でも違法でもない
ということになります。
たとえ店頭で「サーバー自体は海外にあるから合法である」と説明されても、
このような店は利用しないことをおすすめします。
安心安全に遊ぶためにも、厳しい審査のライセンスをきちんと取得しているか
など、念入りに情報を調べたうえで、オンラインカジノを選びましょう。
当サイトで紹介しているオンラインカジノは、
安心して遊べるオンラインカジノを厳選していますので、
ぜひ参考にしてみて下さいね^^

賭博容疑の報道について

オンラインカジノをプレイして逮捕された事件とは

2016年3月10日、スマートライブカジノにて賭博行為を行ったとして
3人の男性が賭博容疑により逮捕されました。
賭博により逮捕されたという事実はありますが、
いまだあやふやな点なども多いのが現状です。
どこに容疑の焦点がかかってくるかによって話も変わってくるので、
一概に「オンラインカジノ自体が違法である」とは言えないと考えられます。

世界的に有名なオンラインカジノで、ベラジョンカジノというものがあります。
ベラジョンカジノは特に厳しい審査を受けた株式を上場している非常に信頼の
おけるオンラインカジノで、最近では日本への進出も目立ってきました。
もし日本が国際的にオンラインカジノを違法とする国であれば、
進出することによってベラジョンカジノは重大な責任を負うことになり
経営の妨げにも繋がってきますよね。

従って今回の日本への進出は、厳密な日本の法律の精査も受け、
正当性をアピールする体制も整え、日本人がオンラインカジノをプレーするのは
全く問題がないと判断した上での運営だと考えられます。

最近では、日本でもカジノの導入が検討されるようになってきました。
近い将来、日本人のカジノへのイメージが浄化され、
カジノが公営ギャンブルのひとつとして日本人の娯楽に加わればいいですね。

オンラインカジノが始めての方はコチラ
オンラインカジノまるごとガイド