オンラインカジノをするなら税金に気をつけて!

オンラインカジノで遊ぶときは税金にも気を付けよう

オンラインカジノには税金がかかる

オンラインカジノの運営元は海外ですが、
競馬や競輪の配当と同じ「一時所得」として日本の税金徴収の
対象となるので確定申告を行わなければいけません。

税金の対象になるものとは

以下の場合が一時所得となり、税金の対象になります。

・生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
・懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
(↑オンラインカジノの勝利金はこれに該当)

・法人から贈与された金品
・遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

オンラインカジノが税金の対象になる理由

「競馬やパチンコは税金掛からないのにどうして?」と
思われる方もいるかもしれませんが、競馬やパチンコなどは
その場での現金受け取りのため証拠がありません。
オンラインカジノは全てがインターネット上の取引なので証拠は確実に残ります。
「知らなかった」「面倒くさかった」と言って申告しないでいると
後々税務署からの通達が来て厄介なことになるので、納税義務が発生する場合は
きちんと手続きしましょう。
少し計算がややこしいですが、ひとつひとつ説明していきます。

確定申告の際に気を付けるポイント

 

確定申告の際に気を付けるポイント

オンラインカジノでの勝ち金は勤務先の会社からの給料ではありません。
なので、その年の1月1日~12月31日までの勝ち金を、
翌年の2月16日~3月15日の間
にご自身で確定申告する必要があります。

個人事業主の場合

個人事業主の方は「事業所得」と「一時所得」に分けて申告を行います。
収入がオンラインカジノだけの場合は、稼いだ金額から経費を引いた額が
50万を超える額であれば「一時所得」
となり申告義務が生じます。

サラリーマンの場合

ここで重要なのが、サラリーマンの方は会社に知られるのが嫌だと
思われる方も多いでしょう。
その際は確定申告書二面の「給与所得者がその他の所得にかかる
住民税の徴収方法」の欄で
「普通徴収」にチェックを入れてください。
住民税徴収書が自宅に届くので問題ありません。

作成方法と提出日について

作成方法ですが、自宅で確定申告書類を作成して持っていくのが一般的な方法ですが、
直接税務署で署員に相談しながら作成することも可能です。
しかし、確定申告期間中は税務署は大変混雑しますので、相談したい場合は
期間前に行って相談を受けることをおすすめします。
郵便での提出も可能です。国税庁のウェブサイトには
「通信日付印により表示された日を提出日とみなします」と案内されているので
確定申告期間内の日付で通信日付印がついていれば期間内に提出したとみなされます。

申告せずに放っておくとどうなるの?

期間内に申告できなければ“期間後申告”となり、遅れた日数分の延滞税
支払わなければいけなかったり、無申告加算税を納める必要が出てきます。
そのようなことにならないように、確定申告が必要な方は前もって
きちんと準備しておきましょう。

課税額の計算方法を紹介

年間で70万円以上の儲けが出ると申告が必要

一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)
一時所得×1/2=所得税

上記が課税額の計算式になります。
○月×日 10万円ベット→200万円ゲット(+190万円)
○月△日 50万円ベット→30万円ゲット (-20万円)

ギャンブルでは儲けた金額だけが課税対象

この場合、計算式に当てはめると190万-20万=170万円となります。
しかしここで重要になってくるのが、ギャンブルでは損失額を支出額として
計算することができないということです。
儲けた金額だけが課税対象となるので、
一時所得は特別控除額だけ差し引いた140万円となります。
よって、課税対象(所得税)となるのは1/2の70万円です。
【計算方法】(利益190万円 – 特別控除額50万円)÷2 = 70万円

70万円以上の儲けがなければ申告しなくても良い

また、確定申告はその年の1月1日~12月31日までの所得が
20万円を超える場合に必要となります。
上記の計算式では特別控除額が50万円差し引かれますので、
70万円以上の儲けがない場合には申告する必要はありません。

確定申告に必要な書類

最後に、確定申告の際に必要な書類です。

・源泉徴収表(勤務先から12月~翌年1月頃までに受け取る)
・支払調書(オンラインカジノから12月~翌年1月頃までに受け取る)
・経費の領収書やレシート(所得300万円以下の場合は領収書・レシート不要)

支払調書に関してはオンラインカジノのサポートセンターに連絡すれば
年間の履歴を送ってもらえる
と思いますが、パソコン上の収支明細を
プリントしたものや自筆のメモでも有効
です。
これらを持って、確定申告を行うことになります。

確定申告は色々とややこしいことが多いですが、
無視しているともっと面倒くさいことになります。
国民の義務である納税、手続きはきっちり行いましょう。

オンラインカジノが始めての方はコチラ
オンラインカジノまるごとガイド