ecoCard(エコカード)を有効化する設定方法について

ecoCard(エコカード)が届いたら最初に設定しよう!

入出金の手続きが便利になるプリペイドカードの「ecoCard(エコカード)」。
申請終了後に、手元に届いたらまず行ってほしいのが「ecoCard(エコカード)の有効化」です!
届いてすぐの「ecoCard」は、実はまだ使用できない状態になっており、申請者の手元に届いたことが確認されないと、有効化されない仕様になっています。
この記事では、「ecoCard(エコカード)の有効化」の方法について紹介しています。

有効化の設定方法

ecoアカウントにログインし、左メニューから「ecoCard」を選択します。「ecoCard」の状況が確認できる画面が開きます。これから設定を行っていくので、手元に届いたエコカードを用意しておきましょう。
設定の最後にカードの利用時に必要な暗証番号が表示されるので、メモの用意もしておいてください。

ecocard_yukouka1

届いたばかりのカードのステータスが「アクティブ化待機中」になっているので、そこにマウスカーソルを持っていきます。小さく画面がマウスオーバー(文字の上にマウスカーソルを載せること)で浮き出てきますので、「有効化」と書かれた緑字をクリックします。

ecocard_yukouka2

次に有効化に必要なカード情報を入力する画面が開きます。届いたカードに印字されている16ケタのカード番号の下4ケタ、生年月日を入力します。

ecocard_yukouka3

入力ができたら、「今すぐアクティブ化」のボタンをクリックします。
次の画面に表示されるメールアドレス(ecoアカウントに登録してあるもの)に、確認メールが送信されますので、メールボックスを確認します。

ecocard_yukouka4

メールを開いて、本文の中段辺りにある色つきで囲まれている部分のリンクをクリックします。ここを押すと、カードの「暗証番号(PINコード)」が表示される画面に移動しますので、クリックする前に必ず『メモが取れるもの』を用意してください。
パソコンにスクリーンショット機能がついていれば、そちらも利用できます。

ecocard_yukouka5

この暗証番号の確認画面は『約30秒』しか表示されません。
必ずメモをとって忘れないようにしましょう。

ecocard_yukouka6

以上の作業が完了すれば「ecoCard」が使用できるようになります。
カードの発行申請から、仕様までの手続きが完了です。お疲れ様でした。

この「暗証番号(PINコード)」は、エコカードを仕様する際に必ず必要になるので、無くしたり、忘れてしまわないように、大切に取り扱いましょう。

スクリーンショットでの保存も有効ですが、他の誰かに見られてしまう可能性や、パソコンの不具合で紛失してしまう危険性がありますので、保存方法はいくつか用意しておくことをオススメします。
もしも忘れてしまった場合などは、慌てずにカスタマーサポートに連絡しましょう。
カスタマーサポートには、メール問い合わせもできますが、オンラインチャットでの相談も受け付けているので、困ったときは金銭に関わるものなので、しっかり対応してもらいましょう。