無料の「ブラックジャック」で遊んでみよう!遊び方と用語を紹介!

bj5

王道のトランプゲーム「ブラックジャック」の遊び方

本場のカジノも、オンラインカジノもいきなり登録して遊ぶのはやっぱり不安ですよね?
そんなときは、主にオンラインカジノから提供されている「無料カジノゲーム」で遊んでみるのがオススメです!

今回は、有名すぎるトランプゲーム「ブラックジャック」について紹介します。
ブラックジャックは、基本的に自分(プレイヤー)とディーラー(対戦相手)の1vs1のトランプゲーム。
お互いにカードを引き、『合計のカードが「21」に近いほうが勝ち』という基本の勝敗基準を元に、相手のカードの内容を想像して、戦略的に勝ちを狙いにいく、シンプルながらも奥深いゲームです。

ブラックジャックに勝つためには、「合計を21に近づけよう」とするだけでは、実は負けて可能性が高まってしまうことがあります。なんとなく知っていた方も、改めてルールを把握して、勝利を意識的に狙っていきましょう!

それでは、ブラックジャック全体の流れとルールを見ながら覚えていきましょう。

カードの数え方・専門用語について

ブラックジャックには、専門用語と特徴的なトランプの数え方があります。
ゲーム中で分からなくならないよう、先に用語を見ておきます。

トランプの数え方

  • 「2~T(10)」はそのままカウントする。「T」はTenの略
  • 「A」エースは「1」か「11」として任意にカウントできる
  • 「J、Q、K」の絵柄カードは全て「10」とカウント する

ブラックジャックの専門用語

ゲームの進行中に、度々出てくる用語になります。
主にカードに対しての行動、状態を示す用語になります。

Hit(ヒット) カードを一枚、山場から引く。
Stand、Stay(スタンド、ステイ) カード引かないこと。見送ること
Bust、Busted(バスト) カードの合計が「22」以上の状態をさします。俗語としてブタというわれたりもします
BlackJack(ブラックジャック) 最初に配られた2枚のカードが「A」と「T、J、Q、K」の組み合わせのときのこと。
勝ちがほぼ確定する最高のハンドであり、『ナチュラル21』とも呼ばれます。
Up Card(アップカード) ディーラー側に配られる2枚のカードの内1枚を、プレイヤー全員が見えるように表面にして置くカードです。
見えていないカードを「Hole Card(ホウルカード)』といいます

基本の進行ルール

簡単に流れを説明してみます。
置くがディーラー、手前があなたのテーブルになります。
ゲームを開始するには、コインを「ベット(お金を賭ける)する」ことで、ゲームに参加・スタートの合図とします。

bj3

次にカードが、それぞれに配られます。これは「ディール」といいます。
自分に渡された2枚のカードの合計を見てください。

bj5

ここから、プレイヤーがカードに対して行える基本行動は「ヒット(カードを引く)」「ステイ(カードを引かない)」です。
慣れてきたらカードを分けて、それぞれの組にコインをベットしたり、掛け金を倍にしたりできますが、基本はカードを引くか・引かないかの2択です。

bj2

ディーラーとカードの合計を競い合い、21に近い数字で合ったほうが勝利です。
21を超えた場合はバストとなり、ディーラーと自分がお互いにバストになったときは「ディーラーの勝利」となります。

知っておきたい「ディーラー」の特有ルール

ここで、プレイヤー側とは異なった行動をする「ディーラーの特有ルール」を知っておきましょう。ディーラーは、ゲームの親的存在になるため、実は決まった行動しか行うことができません。ディーラーのルールを知っておくことで、ある程度どんな数字が来るのか想像し易くなります。

ディーラーのルール

  • 手持ちのカードの合計が「17」以上になるまでカードを引き続ける( ヒット)
  • 手持ちカードの合計が「17」以上になったらカードを引かない(ステイ)

ディーラーは最初の手持ちカードの合計が17以下の場合、17を超えるまでカードをヒットし続けます。17を越えた時点でステイする、という制限の中で行動しています。

つまり、ディーラーが最終的に出してくる手は「17~21、またはバスト」の6種類しかありません。
最初にディーラー側のカードは、一枚公開されています。そこから、自分のカードの手持ちを見て、自分のカードをヒットするのかステイするのか、戦略を練ります。

そしてもう一つ、覚えておきたいディーラーのルールは、
『お互いがバストしたときはディーラーの勝ち』ということ。

つまり、プレイヤーは21に近づけることよりも、『バストをしないようにする』ことも、ディーラーに負けないようにするために大切な情報なのです。

勝敗の決め方、配当倍率について

カードの数がディーラーよりも「21」に近ければ、プレイヤーの勝利ですが、勝ち方によって掛け金に対しての配当倍率が異なります。
また、引き分けが起こる場合もあるので、勝敗の決め方と配当金についても知っておきましょう。

【勝ち方と配当】

BlackJackの場合 配当は1.5倍となります。
例:10ドル賭けていたら賭け金含めて25ドルが配当金になる。
ディーラーよりも「21」に近い場合 1倍の配当となります。
3枚以上のカードでの「21」はBlackJack(ナチュラル21)に対しては「負け」扱いになります
引き分け(プッシュ)の場合 双方がBlackJack、もしく「21」以下の範囲で同点の場合、「引き分け」となる。
賭け金は減額なしでそっくりそのまま戻ってきます。
双方がバストの場合 ディーラーとプレイヤーが両方バストした場合は、ディーラーの勝ち。

ブラックジャックの基本ルールまとめ

ブラックジャックで勝つためには、上記した「プレイヤーがバストしない確立」やディラーの手札から、ある程度の数字を予測する『ベーシックストラテジー(Basic Strategy)』という、基本戦略のチャートがあります。
最初難しいので、基本のプレイをするうえで覚えておきたいポイントをまとめてみます。

  • 自分の手持ちとディーラーのアップカードの状況からヒット、ステイを選択する。
  • ディーラーは必ず17~21、バストの数字になる
  • 自分がバストしないように注意する
  • お互いにバストしたときはディーラーの勝ち

★無料のブラックジャックで遊んでみる
【無料のオンラインブラックジャック】

★他の無料カジノゲームをチェックする
【無料で体験できるカジノゲーム】