カジノの年齢制限は事前確認が常識!国別の年齢基準を知ろう!

passto

日本にもカジノ法案が設立され、カジノが生まれるのも層遠くない未来になってきました。
ところで、カジノへ入場するのに、年齢制限があるのはご存知でしょうか?

「18歳以上ならいけるんじゃないの?」なんて、よく知らないままに海外のカジノに行ってしまったら門前払いを食らってしまった、というのは実は珍しい話ではないんです!
観光旅行中にカジノ立ち寄ろうとしたら入れなかった、そんなトラブルを防ぐために大まかなカジノの年齢制限と入場に必ずといっていいほど必要な「パスポート」の必要性を知っておきましょう。

この記事では、世界中のカジノの年齢制限についての情報を紹介しています。

カジノ入場の年齢制限は、国・カジノ運営会社によって異なる!

passto
世界にカジノがある国を例にして、年齢基準を見ていきます。
まず注意してほしいのが、『カジノは成人になったら入場できる』という考えを持っている方は、まずはその常識を投げ捨ててみてください。

カジノの入場は、基本的に「成人」すればOKという扱いではありません。
日本では、20歳を迎えれば「成人」扱いしてもらえますが、海外諸国では18歳でも成人扱いされことが多いです。

カジノの大国「ラスベガス」がある、アメリカ合衆国は18歳で、一人前の大人として扱われ、選挙権なども与えられますが、カジノへ入場するには、まだ年齢が足りません。

場合によっては、莫大なお金が動いてしまうのがカジノなので、年齢制限は観光客であろうと厳重にチェックされ、どんな場合でも年齢が足りない方は入場することができません。
では、大まかなカジノ入場が許される年齢はどれくらいなのでしょうか?

主なカジノ国別の年齢制限について

カジノ旅行として、外せないカジノ大国「ラスベガス」「マカオ」「ソウル」「オーストラリア」等を目安に、大まかな年齢を紹介します。
ここで注意してほしいのが、国が大きく定めている年齢がこれというだけで、実際はカジノの運営会社が定めた年齢をクリアしていない場合は、入場できないこともあります。

●ラスベガス(アメリカ)
21歳以上、未満は立ち入り不可の場合もあり
カジノ大国といわれるラスベガスは、年齢制限を入り口で厳しく取り締まっていないことも多いが、万が一店内に未成年がまぎれて遊んでいることがない様に、内部での監視体制が非常に強化されています。カジノ中でも、若く見られがちな東洋人は、年齢確認を行われる場合がありますので、必ずパスポートや年齢確認が出来るものを持っておくことが大切です。

●マカオ(香港)
21歳以上(未満不可の場合あり)
初期のころは、18歳以上という取り決めがありましたが、2011年11月からは21歳以上に引き上げられました。
観光客やビギナーもウェルカム体制のカジノも多い分、入り口での年齢確認が厳重に行われるカジノが多いです。観光で訪れたときは、パスポートが必須です。

家族連れなどで来た場合もは、家族であってもゲームプレイに参加しなくても入場不可、入場を見つけたら罰金という、厳しい制約があるので、注意が必要です。

●ソウル(韓国)
19歳以上(未満不可の場合あり
上記の2国に比べ、年齢の制限は低くなりましたが、観光客の方は必ず『パスポート』を持参していくことを忘れないようにしましょう。
年齢制限をクリアしていても、パスポートがなければ30歳でも40歳でも入場が出来なかったケースが、実際に起こっています。

韓国も、ソウルと同じように、観光客やカジノビギナーをウェルカム姿勢で受け入れるカジノが多くありますので、入場や身分証明の点で審査が厳しくなってしまうのは仕方がないことかもしれません。
ちなみに年齢の数得る考え方は、誕生日の経過ではなく1月1日法廷年齢が更新される形なので、事前に確認しておくことが一番確実な方法です。

●オーストラリア
18歳以上(未満不可の場合あり)
オーストラリアも韓国と同様に、年齢の制限は低めに設定がされていますが、入場に身分証明が必要なことや、18歳未満は入場を断られる場合もあることは、共通の認識です。
入場時には、パスポートが必要になることも覚えておきましょう。

年齢制限とは、少し変わりますがオーストラリアのカジノ入場の服装は、準フォーマルになります。ジーンズは、判断がカジノによって分かれますので、事前にカジノごとに確認しておくのがオススメです。

●ヨーロッパ・西洋諸国
21歳以上(未満不可の場合あり)
上流階級のセレブなカジノのイメージが強いのは、イギリスをはじめとする西洋諸国のカジノ。
年齢制限は、21歳以上(未満不可)となり、服装規定が今回の記事で紹介していた国々の中では、一番フォーマルな服装での入場が求められます。男性は、ジャケット・ネクタイが必須です。

カジノ入場には、年齢の確認とパスポートを忘れずに!

いかがでしたでしょうか?
カジノは合法のギャンブルであるからこそ、安全な運営を心がけプレイヤーを守るために、厳しい制限や規則が設けられています。

規則というと堅苦しいかもしれませんが、参加者全員がルールを守ることで安全な運営が保たれるのです。ぜひ、旅行の歳には事前にチェックしておくことをオススメします。

当サイトでは、他にもカジノに関する情報を多数まとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【TOPページに戻る】
世界のカジノホテルワールドマップ